採用情報

先輩社員インタビュー

本社 広島製造部 製造一課

岩田 翔 Sho Iwata

広島県立広島工業高等学校 建築科
2014年入社

成形機の管理はもちろん、
人への目配り・気配りも徹底しています。

就職先にすぎはらを選んだ理由を教えてください。

高校は建築科に進学しましたが、いざ勉強をしてみると自分のやりたいこととは違っていて、就職先ではやりたいことをやろうと思い、子どもの頃から夢だった自動車関係の仕事に就こうと進路を考えていた時に、先生からの紹介ですぎはらと出会いました。会社訪問の際に社内の雰囲気が明るかったことが入社の決め手になりました。

担当している仕事について詳しく教えてください。

フロアカーペットを生産する成形機のオペレーター業務に携わっています。機械が異常なく稼働しているか把握するのはもちろん、作業者に不調がないか人の動きにも目配り・気配りをしながら仕事に取り組んでいます。

仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか。

生産ラインは生産計画があり、その計画通りに生産が終了できた時は達成感があります。逆に計画よりも遅れた場合はは、なぜダメだったかのかを考えて、次の日の業務に活かすようにしています。

仕事をする上で心掛けていることはありますか。

同じような材料でも、例えば幅が1500ミリメートルと決まっていても実際は1510ミリメートルと小さな誤差が生じます。そのほんの少しの違いによって品質に不具合が出てしまうため、材料の投入時は幅を確認し不具合を未然に防止しています。設備の管理についても、小さな変化に気がつけるようにしっかり点検をして、設備の能力を発揮できるようにしています。

仕事をしていて大変だと感じるのはどんな時ですか。  

入社当時は年上の方が多く、ちゃんとしないといけないと気負ってしまい一人で黙々と作業をしていました。そんな時リーダーから「そのままでいいのか、もう少しランクアップしたくないか」と聞かれたことがきっかけで現在のオペレーターの担当になりました。人を気にかけることは大変ですが、見てくれている人がいるからこそ日々の仕事を頑張れるのだと思います。

仕事で挑戦していることを教えてください。  

当社では、3つの成形機ラインを保有しており、私はそのうちの一つのオペレーターを担当しています。今後は他の2つのオペレーター業務に携われるようになりたいと考えています。

すぎはらの魅力は何ですか。  

日々不具合を出さないように緊張感を持って仕事に取り組んでいますが、休憩の時などはみんな笑顔が溢れています。同年代だけでなく、リーダーとも距離が近いのでコミュニケーションが取りやすいです。明るい職場なので、自動車やものづくりに興味がある方はぜひすぎはらへ。

ある日の岩田 翔さんの1日のタイムスケジュール

  • 7:50
    出社
    設備の立ち上げを行い、ラジオ体操をします。
  • 8:00
    朝礼
    昨日の反省と今日の予定を上司に報告します。
  • 8:10
    始業点検
    設備に異常がないかチェックシートにて点検を行います。
  • 12:45
    型替え
    午前に生産していた車種が終わり、次の車種に切り替えのため、型替えを行います。
  • 13:00
    生産
    生産業務も行います。
  • 16:30
    終業点検
    設備に異常がないかチェックシートにて点検を行います。
  • 16:55
    終礼
    今日の不良や異常等について上司に報告します。
  • 17:05
    退社
採用に関するお問い合わせ
受付時間 月~金(平日) / 8:00~17:00
もどる